忍者ブログ

バラだけでいいです。

タイトルに偽りありのガーデニングブログ。バラ以外の樹木・草花メインです。

[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の記事で、(一方的に)友情を育んでいた(つもりの)クモが、ある日突然ガラリと態度を変えて友情崩壊してしまった話を書きましたが。

よくよく見ていたら彼女、8本あるはずの足が6本しかありません…!
突然態度が変わった原因はこれ…!?
でもクモの人生で足2本だけ失うって、一体どんな状況でそうなるんだ…。

キミも大変なんだね…と、チュウレンジハバチの幼虫が沢山くっついたバラの葉を巣にかけてやりました。

普段はその場で立ち去るのですが、昨日ばかりはクモの動向を観察してみようと、その場に留まったのが私が見たものは…。

バラの葉っぱを巣にかけると、即座に近づいてくるクモ。

葉っぱ(イモムシ付き)のまわりをぐるぐる回るクモ。

彼女は巧みな糸さばきで…。

バラの葉(イモムシ付き)の周りの糸を断ち切り、葉っぱを下に落としました。

あれーーー?

食べないの?
もしかして今まで食べてなかったの?
だとしたら今まで私がしてたことって、いったい…。

クモと人間の間には深くて暗い川が流れてるようです。
まぁ自分は飼い猫の考えていることすら(時々)分からなくなりますので、クモならなおさらですね。

それに比べれば人間の考えてることってかなり理解しやすいね。
言葉も通じるし。

コスモスが咲いています。

ハンドペインテッドっていうんでしょうか。
白い花に絵筆でワインレッドの絵の具を塗ったような花です。

ギリシャ神話では花に色をつけるのは大地の女神の娘ペルセフォネの仕事ですが、このコスモスも彼女の作品でしょうか?

あと数ヶ月で冬だしペルセフォネさんはそろそろダンナの待つ冥府に帰る準備を始めるころですかね。

コスモスの次はサルビア(セージ)です。

ペルセフォネさん、えこひいきが激しいです。
ある種族には限られた色しか与えない一方で、他のある種族(セージ一族)には沢山の色を与えたようです。

スミレ色のサルビア・ガラニチカ。


春の空を思わせる色のボッグセージ。


真っ赤になったり真っ白になったりする、チェリーセージ‘ホットリップス'


ホットリップスはよく咲く一方でやたら大きくなるのでどこかで切り詰めなければなりません。
うちでは8月にガッツリ伐りこんだので、今は殆ど咲いていません。


今日のバラはフロリバンダのアイスバーグ。

ん?白い花はペルセフォネに色をつけてもらえなかったってこと?

そんなはず無いよね。
小学校のお絵かきの時間でも、『白いところにもちゃんと白い絵の具を塗らなきゃだめ』っていわれたもん。
PR
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
ブログ内検索
コメント
コメントは返せないと思うので、受け付けてません。ごめんなさい。何かあれば上部の【リンク・メール】内の【管理人にメール】からお願いします。
ランキング参加中

月齢
バーコード
(まぁ無いと思いますが)画像や文章の無断転載は厳禁です。
Copyright © 小麦70%. All Rights Reserved.
If you have any questions, please feel free to ask me...email
忍者ブログ[PR]